2018年06月01日

別ウインドウ

私はあんがい別ウインドウで開く「ここをクリック」などの文字やバナーが好きだったのですが、
自分がホームページを作るとなったらあれはやらない方がいいらしい。
なんてことだ。
自分を基準にしない方がいいんですねー。あたりまえか。

知り合いのホームページを見たら、それぞれトップウィンドウを新たに開いて表示を行うようになっています。
なので言ってあげたくなりましたが、そんなこと言ってもな・・・でやめました。
そのうち気づくでしょう。

そういうことを気にする知り合いですので少し気になったというわけですが、
余計なお世話かもですし。。

さて、自分です(笑)!
自分のホームページは、別ウインドウを少なくして効果的に見せなくてはいけない。
頑張ろうと思います。

別ウインドウ、別ウインドウ、などと書いていると
リフォーム会社から連絡が来そうなのでこのへんにしときますか。

ホームページ作りも本当に楽じゃないですね。
色々な人がいろいろな意見を書いてますが、効率のいいやり方を見つけるには
結局テストしていくしかないのかなと思います。

2018年05月01日

中国は民主化になるのか

天安門事件とかあっても、今なお中国は民主化されていない。
いつなるのか。
誰にも分らない。

中国の民主化運動の象徴的存在で、服役中にノーベル平和賞を受賞した人権活動家の劉暁波(リウシアオポー)氏が入院先の遼寧省・瀋陽の病院で亡くなりました。

残念ですね、時代がひとる終わったような。。

コロンビア大学の客員研究員だった1989年、
北京・天安門広場で学生らの民主化運動が起こると、劉氏も帰国し運動に参加して、
ハンガーストライキを指示してました。

これも当時はすごい問題になりました。

北京オリンピックがあった2008年、劉氏は「世界人権宣言」 60周年に合わせて、
インターネット上で中国の民主化を呼びかける「08憲章」を発表したけど、、、どうなったっけ?

中国共産党の一党独裁の放棄や言論の自由などを訴えたんです。
多くの署名が集まったけど、2009年に「国家政権転覆扇動罪」で懲役11年の判決を受けたんですって。

中国ってほんとよく分からないのですが、

早く民主化してーー!

って思ってしまいます。

2018年04月01日

整形のしすぎ?

歌手のシャナイナ・トゥワインさんが公の場に出て話題に。

シャナイアが、BBCワールドワイドが手掛ける人気リアリティ番組
「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」
の審査員として登場したんですけど、少々太目になっただけではなく、
雰囲気が様変わりしており、一瞬誰だかわからなかったファンもいた様子?

美容外科医だけではなくファンたちも「顔をいじりすぎて認識不能になった」
と感じたようで「シャナイアがシャナイアじゃなくなっちゃった」
「これじゃペテン師」「奇妙」
といったツイートが飛び交ってました。

昔をよく知らないのでなんともいえないんだけど、整形??なんだろうか。

整形の仕方でヒタイが腫れるらしいのは、神田うのさんの時に知ったけど、
同じ現象が起こっているらしい。
それにしても皆、すごいよく見てるねー。

歌手なんだから歌で勝負!ですね!

綺麗になりたい気もちはわかるけど、急に人前に出て顔が変わるとこうして言われてしまうみたいだ。

2018年03月01日

ハリウッドの世界

どこでもありそうな話ですけど、去年話題になったハリウッドのセクハラ。
パワハラ、ともいえるかな。

ハリウッドはようやく、ワインスタイン氏の仕業(!)を表立って語る必要があると決断したようですな。
そして今や、その流れは止まらなくなっています。
(ちょっと遅いかも?こんなこと書くのが、、、)

過去に映画の受賞式などでワインスタイン氏と一緒に写真に収まっていた有名女優たちが、
続々と彼との関係でこれまで秘密にしていた不愉快な一面を暴露し始めましたねー。

そして彼は今窮地で、
そこから他の世界でもセクハラが騒ぎだしてきた。

どこでも、いつでもあったと思う。
言ってきた人もいたみたいだけど、チカラ、なのか
表には出ないできた、それだけのこと。

話は大抵、ホテルのスイートルームでの仕事の打ち合わせから始まって、
(なんでスイートルームか??)

部屋を訪ねてみると、
でっぷりした体にバスローブをまとったワインスタイン氏が現れ、
映画に関する会話がいきなり、マッサージ、シャワー、
性行為の強要に変わる、という同じ展開をたどるのが、

どうもこの流れの一定した話らしい笑(マンネリやん)。

ほとんどの場合、女優たちは非常に若く、
業界におけるワインスタイン氏の権力、影響力を強く認識していて、
断ることなんかできなかったみたいですね。

「ハーヴェイはあらゆる人を知っている」というのは、
もろ刃の剣で、駆け出しの女優たちのキャリアを伸ばすも阻むもワインスタイン氏次第、
と言える状況だったことを意味してますね。

あーーあ。。。
その結末があれだよ。。

2018年02月01日

爪にスジが。

爪を何気に見たらすごいスジは入っていた。
筋は老化の表れです。乾燥してるんですって。

加齢による老化現象っていろいろな爪トラブルに影響しますけど、
なかでももっとも影響しているのが「縦すじ」。
皮膚のシワと同じようなものですので、誰にでも起こりうるものです。
軽くやすりで磨けば、少しは目立たなくなりますけどね。

加齢などのほか、過度のストレスや睡眠不足、
過労などでも「縦すじ」は現れることがあります。

また爪の根元にある「爪母」を傷つけてしまうと、
そこから黒っぽい縦線が現れることがあります。
これは一時的なものなので、すぐに消えるので心配しなくても大丈夫。

ホクロの影響でできるものもあり、通常は心配ないんだけど、
色調が不規則だったり周囲に不規則な褐色~黒色の小型の色素斑がある場合は悪性の可能性もあるため皮膚科専門医を受診しましょう。

爪ってあんがい大事な病気を秘めてることもあるのでね、
気になったら検査です。

しっかし、乾燥や老化のための縦筋はいただけないですね~泣

2018年01月01日

そういうことだったのか。

ドラマを見ていて、「よく分からないなー」って思ってたことがありました。
外国のドラマなのでね、それもあると思います。

ドラマ「ポルダーク」って見た事ありますか?
けっこうハマるんですよねー。

あのドラマで分からなかったこと。
まず、最初を見てないので、主人公のロスと、元彼女がどういうお付き合いをしていたのか、です。

アメリカに出征する前に、ロス(ターナー)とエリザベス(リード)は、
将来を誓い合っていたけど、3年後帰郷した時には、
エリザベスは本家の跡取りフランシス(ソラー)と婚約していた。

未だにエリザベスを見るロスの目は、「逃がした魚は大きい!」を物語る。
初恋の相手だし、本家に嫁いだエリザベスと、
事ある毎に顔を合わせないといけないのが悲しい。。。

そういうことだったのか。
って、やっと分かる。
なんとなくは分かってたけどね、ちゃんと分かると面白いね。

それから、その元カノが結婚してたイトコは亡くなってしまうのですが、
ジョージという男性がいて、なにかとちょっかい出してくるんですよこれが。
このジョージって何者?が分かってなかった。
ちゃんと観ろ?

字幕付きで見たい!!

きっとほかにも、あーそうだったのか、と思う事はあるんだろうなー。。。
ちゃんと観なさいっての!

2017年12月01日

ジュリアン

少し前に、女優のジュリアン・ムーアの事がニュースになってて、
顔に歯美ぼ絵があるものの、どんな映画に出てたっけ?
って考えてしまった。

そしたら「ゆりかごを揺らす手」というのが出てきました。
少し古いのですが、見た事があって、あーこれかあ、と。

あらすじは、、
2人目の子供を妊娠したクレアは産婦人科医のモットの診察を受けるが、
彼は診察するふりをしてクレアをはだけさせ、体を触るわいせつ行為をはたらく。

クレアはその事を知った夫マイケルに薦められてモットを告訴。
すると、他にも彼に被害を受けたとする女性が続出して大事件となり、
追い詰められたモットは自殺した。

それを知ったモットの妻は保険を全て没収されたうえ、
ショックで流産、子供が産めない体となってしまい、クレア一家に復讐を誓う。

6か月後、モットの妻はペイトンというベビーシッターとしてクレアの家に入り込み、復讐を開始する。

うわーーーー、、、、、、というね(笑)、
想像できる感じ?
私は見てるのでもっと簡単ですが、こういうのに出てたんですねー。
今もお綺麗ですが、60に近いんですねー、
びっくりしました。

自分だって年をとっているわけで、、、笑

2017年11月01日

不思議って。

世の中にはいろいろな不思議がありますね。
あ、そうそう(いきなり???)、福原愛さんが妊娠した時に、
後輩(後輩だけk??)の佳純さんが「不思議」って言ったんだよね、
あれ読んだ時吹き出してしまった。
人が妊娠して「不思議」って、、、笑
でもそう思ったんでしょうねーー。

さてその不思議ですが、不思議な体験をしました。
といっても霊的なものではなくて、デジャブ、かなー。

SMAPなんかもデジャブで出てくるありさま。。。なんかおかしいのか?
(SMAPにはあった事もないけど。。)

デジャヴって、いったいなんだ?
フランス語だよね。
見たことはないのに、見たことがあるような気がする、、とかの経験ですが、いったいどういうことなのか分からない。
誰にでもありえることだから気にしたことはなかったけど、
SMAPってなんだ・???

20世紀末にはデジャブは、てんかん患者などにおける
記憶異常の症状の1つという位置づけに置かれていて、
健常者においては、ある一定の肉体疲労や精神的ストレスによって、
ごくまれに引き起こされる現象という見方が広まっていたそうです。

でも今のイメージって違うでしょ?
だれにでもある感じ。

こんな不思議体験を毎日してるとちょっと怖いけど、でも誰にでもあること、
なーんて平気で構えている自分はおかしいのでしょうか?

デジャヴ、あるでしょ?
あれ?おかしいのかなーー?


2017年10月01日

鼻パックについて

自分への警告として書いておこうかなと。
時々鼻パックしちゃうんです。
やってはいけないと知りつつも。
そして、無くなったらそのままにしておけばいいのに、また買ってストックしておくんだよねー。
魔物ですな、鼻パックって。

毛穴パックをすることで、一時的に黒ずみを解決したように感じます。
実際に、毛穴に詰まった角栓をとることは出来るからですが、
やってはダメなのだ!!

あれはやればやるだけ毛穴が開いて、
またそこに汚れが入る。
この悪循環によって、毛穴の黒ずみがどんどん酷くなっているんです。
黒ずみ毛穴を悪化させてしまう原因となる、負のサイクルを断ち切ることが重要!
まずは、毛穴パックをやめることが先決です。

「産毛も抜けてしまう」のも、毛穴開きの原因の一つです。
はがした後の、毛穴パックシートをよく見てください。
ブツブツ角栓と一緒に、かなりの産毛が抜けているんです。

なので!!

ぜったいにやめるべきなのだーーーーー!

これでやめられるかなーー??笑

2017年09月01日

アイスクリーム

実家に行くと必ず冷凍庫にアイスクリームがある。
自分の家にはない。
食べないからいいのですが、実家に行くと食べたくなったりする。
あるのが分かってるからかな。
子供のころから、なぜか親がアイスクリームが好きだったせいか、アイスだけはどんだけ食べても怒られなかったし、必ずあったものです。
お腹壊すよ、とか、言われたことないなー。
壊したこともない。
ではどうして今は家にないのか、、、あまり意味はないのですが、食べたくなることもないから、かな。
夏でも。

でも、じゃどうして実家に行くと食べたくなるんだろ。
熱いのかな、あの家。
とにかく、アイスクリームは実家にあって、いるでも食べられるもの、という位置づけです。
いいのか悪いのかは置いておくとして、そういうもの。

コンビニでアイスを買うこともないけど、実家では食べる。
タダだからか!?・・・・・まさかね。

アイスに寛大な親でよかったと思う、自分は大人になってからほとんど食べないのも、
そのせいかも、とも思うのです。

またアイスを食べに、実家に行こうっと(!)。